IT技術者からプロジェクトマネージャーの成り上がりで管理職を務めていたパーソナル・コーチが、悩みを持つ人々をプロジェクトマネジメント、コーチング視点から応援するサイト

menu

マネジメントで幸せを呼び込むパワースポットになろう

TAGプロジェクトマネジャー

変革

先日、ソフトウェア開発手法の一つである、アジャイルについて導入事例のお話しを伺う機会がありました。 今日はそこでの気づきをお話しします。 アジャイルは、トヨタ社の生産システム(TPS)をソフトウェア開発にも応用しようと海外で研究され、日本…

PMIJ中部地域サービスの定例会にて

今日は、PMI日本支部(Project Management Institute Japan Chapter)中部地域サービスの2月度定例会で気づいたことをお話しします。 2月度の定例会は、「情報共有どうしていますか?」と題して、現場での…

ダウンローディング

私の好きな本のひとつに「U理論」(C・オットー・シャーマー著)があります。 その中で「ダウンローディング」という言葉がでてきます。 簡単に言うと、「以前の経験した記憶に反応して行動する」ということです。 ダウンローディングに頼って行動して…

見せる化

今日のお題は、「見える化」ならぬ「見せる化」です。 「見える化」とは、プロジェクトの現状、進捗状況、実績などを常に見えるようにしておくこと。問題が発生してもすぐに解決できる環境を実現すると同時に、プロジェクト現場をそもそも問題が発生しにく…

プロジェクトマネジメント規約

「組織でプロジェクトマネジメント規約を作って運用をしています。最初のうちはトラブルが減ったのですが、徐々にまた増えてきているのです。ええ、規約に沿ってプロマネの教育もちゃんと行っているのですけど・・・」 まぁ、よく聞く話ですね。 こうした…

吠えるプロジェクト・マネジャー

吠えるプロジェクト・マネジャーになっているプロマネを見ると、 「自分で不幸を呼び寄せているなぁ・・・」 といつも私は思います。 吠えるプロマネは、指示・回収型のプロマネに多いですね。 自分が指示を出して、その結果を回収する。その結果が思わ…

ステークホルダー巻き込んでいますか? ~企業内編~

企業内のプロマネの悩みで私がよく耳にするのは、 「製品開発や内部システム開発で部門間の温度差があり、なかなか思うように意識統一ができないし、プロマネの自分がその調整役となりボトルネックになっている」 といったものです。 当然、この悩み以外に…

ステークホルダー巻き込んでいますか? ~ITベンダー編~

今日はバレンタインデーですね。 私のようなおじさんにはまったく関係ない行事だといっときます(キッパリ!) PMBOK®上のステークホルダー・マネジメントには、ステークホルダーを洗い出し、プロジェクトに対する関与のレベルを上げるための計画に…

ステークホルダーを巻き込んでいますか?

私最近つくづく思うんです。 プロジェクトの成功は、プロジェクトに何らかの影響を与えるステークホルダーを、いかに巻き込んでいくかにかかっていると。 私は、PMI日本支部の中部地域サービス委員でもあります。 中部地域サービスでは、月例で実際の…

マラソンはプロジェクトマネジメント

私の趣味の一つにマラソンがあります。(4年ぐらいやってますが、亀以下の走りです・・・) 私と付き合いのあるPMPホルダーは、意外とマラソンとかトライアスロンやっている人が多いんです。 特に40代以降の人が多いかな。走ること以外で水泳とかテニ…

さらに記事を表示する