IT技術者からプロジェクトマネージャーの成り上がりで管理職を務めていたパーソナル・コーチが、悩みを持つ人々をプロジェクトマネジメント、コーチング視点から応援するサイト

menu

マネジメントで幸せを呼び込むパワースポットになろう

TAGPM

nekonezumi

最後まであきらめない

春の選抜高校野球に私の地元の豊川高校が出場しました。 ご存知の方も多いと思いますが、初出場でBEST4まで進んだことさえ驚きでしたが、その試合内容はもっと感銘を受けました。 ◆相手を信じていなかった私 1回戦は、優勝候補の一角の日本文理…

yubisasi

指導者の心得

地元近くで行われた穂の国ハーフマラソンの大会前日、増田明美さんのトークイベントに行ってきました。 そこで指導者として心得みたいなお話しがありました。 今日はその話題をしてみたいと思います。 ◆優秀だった選手 増田さんは、一人の有…

hana022

成功したい?失敗したくない?

プロジェクトでも普段の仕事でも個人の行動でも「成功したい」と考えるか、それとも「失敗したくない」と考えるかで大きな違いがあると思います。 ◆どのような違いがあるのか? 「失敗したくない」と考える時は、保守的な行動が多くなる傾向を感じ…

ムダとコーチ力

「無駄」と「ムダ」の違いをご存知の方も多いと思います。 「無駄」は、誰が見ても無駄だと思うことで、「ムダ」は、無駄だと思っておらずやっている無駄なことです。 組織やプロジェクトには後者の「ムダ」が結構多いです。 ITプロジェクトでよく…

プロジェクト報告書

プロマネのみなさんは、こんな経験ありませんか? ・プロジェクト週次報告、月次報告、オーナー報告などなど、報告先のレベルによって報告詳細レベルが異なり、その資料を作るだけで時間がかかってしまう。 ・報告書を作っている時間にも遠慮なく打ち合わ…

PMIJ中部地域サービスの定例会にて

今日は、PMI日本支部(Project Management Institute Japan Chapter)中部地域サービスの2月度定例会で気づいたことをお話しします。 2月度の定例会は、「情報共有どうしていますか?」と題して、現場での…

ダウンローディング

私の好きな本のひとつに「U理論」(C・オットー・シャーマー著)があります。 その中で「ダウンローディング」という言葉がでてきます。 簡単に言うと、「以前の経験した記憶に反応して行動する」ということです。 ダウンローディングに頼って行動して…

見せる化

今日のお題は、「見える化」ならぬ「見せる化」です。 「見える化」とは、プロジェクトの現状、進捗状況、実績などを常に見えるようにしておくこと。問題が発生してもすぐに解決できる環境を実現すると同時に、プロジェクト現場をそもそも問題が発生しにく…

プロジェクトマネジメント規約

「組織でプロジェクトマネジメント規約を作って運用をしています。最初のうちはトラブルが減ったのですが、徐々にまた増えてきているのです。ええ、規約に沿ってプロマネの教育もちゃんと行っているのですけど・・・」 まぁ、よく聞く話ですね。 こうした…

吠えるプロジェクト・マネジャー

吠えるプロジェクト・マネジャーになっているプロマネを見ると、 「自分で不幸を呼び寄せているなぁ・・・」 といつも私は思います。 吠えるプロマネは、指示・回収型のプロマネに多いですね。 自分が指示を出して、その結果を回収する。その結果が思わ…

さらに記事を表示する