IT技術者からプロジェクトマネージャーの成り上がりで管理職を務めていたパーソナル・コーチが、悩みを持つ人々をプロジェクトマネジメント、コーチング視点から応援するサイト

menu

マネジメントで幸せを呼び込むパワースポットになろう

TAGマネジメント

tunnel

問題点の発見

前回の職場の質問の続きで。 「あなたの職場にはどんな問題点があると思いますか?」 先日、この質問に「特に見つからないのですが・・・」と複数の人が答える職場がありました。 よほど素晴らしい職場だと思いきや、私に職場の改善を依頼してくると…

dog_devil

必要悪

先日、コーチ仲間とトレーニングしている時に「必要悪」という言葉がでてきました。 チームの中にどうも協調性がなく、自己中心的に行動するメンバーに対する言葉でした。 協調性がなく自己中心的に行動するメンバーは、チームとして一体になれず、普通…

duck

人の背中を見て育つ

「なぜか自分のところに仕事が集まっちゃうんですよね」 このように嘆くマネジャーによく出会います。 そのようなマネジャーに人材育成の悩みを聞くと「リーダー格のメンバーが仕事を振らずに抱えている」と言われるケースも多くあります。 人の背中…

ant

蟻の一穴

ちょっとわけあって、久しぶりの投稿になってしまいました。 先日、海部元総理大臣が集団的自衛権に対して、「戦後、日本が築きあげた平和文化に対して「蟻の一穴」をあけてはならない」とおっしゃっていました。どんなに頑丈に築いたコンクリートの堤防で…

labrador

真の反省

被告:「私は立ち直れるのでしょうか?」 弁護人:「反省した姿を演じたら終わりだよ」 PC遠隔操作ウイルス事件で、周りをさんざん欺いてきた被告と弁護人の会話です。 「反省しています」とはだれでも言えますが、反省した姿を見せているだけという人…

water-ripple

自分の居場所

最近耳に入ってくる言葉が心に刺さることが多く、今日もその言葉を話題にします。 息子が見ていたNHKアニメの再放送「ログ・ホライズン」の中で次のセルフがありました。 「だれかの居場所を造ることで、初めて自分の居場所が生まれる」 まさにコー…

carnivorous-plant

責任の罠

「責任の罠」に陥っていませんか? 「責任の罠」という言葉は、シンクロニシティ(ジョセフ・ジャウォースキー著)の中に出てきた言葉です。  責任の罠とは? 自分の仕事に対し、責任を持って行うことは当たり前のことです。しかし、意識を自分の使…

running

ランニングと癖

私の趣味の一つである、ランニングから得られた教訓について話しましょう。 ランニングで起こした故障 私にとって春は、練習するには走りやすい時期です。土曜日か日曜日のどちらかに20kmから30kmの長いランニングします。 長い距離を走って疲…

miageruneko

私があるべき論を言わなくなったわけ

「あなたはこうあるべきだ」 「君たちはこうあるべきだ」 このように言われたことありませんか? 私は言われたことあるし、私が他の人へあるいは自分に向けて言っていました。 この世に生まれて他の人の横に立った時点で親による比較が始まり…

kamo

人材育成の名言

『やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ』 有名な山本五十六の名言ですね。 実は私はこの名言の「言って聞かせる」に違和感がずっとあったんです。 相手が必要としていないこと、価値観を持っていないものに対して、無理…

さらに記事を表示する