IT技術者からプロジェクトマネージャーの成り上がりで管理職を務めていたパーソナル・コーチが、悩みを持つ人々をプロジェクトマネジメント、コーチング視点から応援するサイト

menu

マネジメントで幸せを呼び込むパワースポットになろう

ARCHIVE2014年 2月

責任を与える

メンバーを育成させるために「責任を与える」と言われます。 私には、この言い方にちょっとした違和感があるのです。 どうもこの「与える」という言葉に、「一方的に」が感じられてしまうのです。 確かにメンバーに責任を与えることで成長することも多い…

見せる化

今日のお題は、「見える化」ならぬ「見せる化」です。 「見える化」とは、プロジェクトの現状、進捗状況、実績などを常に見えるようにしておくこと。問題が発生してもすぐに解決できる環境を実現すると同時に、プロジェクト現場をそもそも問題が発生しにく…

自分を変える必要はない

私がコーチングに出会って気づいたのは、「自分を変える必要はない」ということです。 以前の私は、いろいろな本やら研修やらで学んだ「周りの状況を変えるには、自分が変わるしかない」ことを肝に銘じて行動してきました。 この二つは、まった…

プロジェクトマネジメント規約

「組織でプロジェクトマネジメント規約を作って運用をしています。最初のうちはトラブルが減ったのですが、徐々にまた増えてきているのです。ええ、規約に沿ってプロマネの教育もちゃんと行っているのですけど・・・」 まぁ、よく聞く話ですね。 こうした…

吠えるプロジェクト・マネジャー

吠えるプロジェクト・マネジャーになっているプロマネを見ると、 「自分で不幸を呼び寄せているなぁ・・・」 といつも私は思います。 吠えるプロマネは、指示・回収型のプロマネに多いですね。 自分が指示を出して、その結果を回収する。その結果が思わ…

ステークホルダー巻き込んでいますか? ~企業内編~

企業内のプロマネの悩みで私がよく耳にするのは、 「製品開発や内部システム開発で部門間の温度差があり、なかなか思うように意識統一ができないし、プロマネの自分がその調整役となりボトルネックになっている」 といったものです。 当然、この悩み以外に…

ステークホルダー巻き込んでいますか? ~ITベンダー編~

今日はバレンタインデーですね。 私のようなおじさんにはまったく関係ない行事だといっときます(キッパリ!) PMBOK®上のステークホルダー・マネジメントには、ステークホルダーを洗い出し、プロジェクトに対する関与のレベルを上げるための計画に…

ステークホルダーを巻き込んでいますか?

私最近つくづく思うんです。 プロジェクトの成功は、プロジェクトに何らかの影響を与えるステークホルダーを、いかに巻き込んでいくかにかかっていると。 私は、PMI日本支部の中部地域サービス委員でもあります。 中部地域サービスでは、月例で実際の…

マラソンはプロジェクトマネジメント

私の趣味の一つにマラソンがあります。(4年ぐらいやってますが、亀以下の走りです・・・) 私と付き合いのあるPMPホルダーは、意外とマラソンとかトライアスロンやっている人が多いんです。 特に40代以降の人が多いかな。走ること以外で水泳とかテニ…

PMのコーチング力

今日は、PMBOK®のPMの人間関係スキルの一つとして記載されている、「コーチング」について話します。 みなさんは、コーチングについてどんなイメージを描いていますか? 会社などの研修などでコーチングに触れる機会が増えてきていますので、あま…

さらに記事を表示する