IT技術者からプロジェクトマネージャーの成り上がりで管理職を務めていたパーソナル・コーチが、悩みを持つ人々をプロジェクトマネジメント、コーチング視点から応援するサイト

menu

マネジメントで幸せを呼び込むパワースポットになろう

ちょっとブレイク・・・

cofee

朝早く、同級生から電話がかかってきた。
この歳になると「誰か亡くなったか?」と過剰反応する自分がいます。

結局はPCの調子が悪くなったから、見てもらえないかという相談だったので、一安心。
早速駆けつけてみたところ、どうもスパイウェアがブラウザ上を占領していて、怪しい誘導サイトがたくさん立ち上がっていました。
セキュリティソフトは?と聞くと「PC買った時入れているけど」(3年前)との答えだったが、どこ探しても見当たらない。

とりあえず入れたというセキュリティソフトの最新版をダウンロードし、シリアル番号を入力してインストール。
普通なら更新契約がされていないのでお試し版として入るはずが、なぜか3年間有効の正規版になっている??
なぜだろうと考えてみたら、インストールしたというセキュリティソフトが実際にはインストールされてなく、買った時点の3年契約がそのまま残っていたためという結論に。
一通りセキュリティチェックを済ませ(スパイウェア11件)、危なそうなソフトウェアを削除した結果、怪しい誘導サイトのポップアップもなくなり、無事処置完了。
ひどいウィルスにかかっていなかっただけ楽でした。
なるほど、私の同級生のような人がいるから、インタネット・プロバイダーがセキュリティソフト付きのサービスを提供することに意味があるんだと再確認。

同級生曰く、日頃は農業の出荷報告だけに使っていて、インターネットやパソコンの便利さを知らないので不自由を感じたことがないそうだ。ただ、今回はWebの出荷報告サイトを表示する際にいろいろポップアップが出てしまって困ったのとのことでした。
確かに世間でどんなに便利だと騒がれても、使わなくて生活できるんだったら無理に使う必要もないですものね。
## 私の父親が使わないのにパソコンだけ買って、オブジェと化しているのに比べれば尊敬に値します##

自分の仕事も必要だと思ってもらえるよう、頑張っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

最近の投稿

私の好きな本たち