IT技術者からプロジェクトマネージャーの成り上がりで管理職を務めていたパーソナル・コーチが、悩みを持つ人々をプロジェクトマネジメント、コーチング視点から応援するサイト

menu

マネジメントで幸せを呼び込むパワースポットになろう

daffodil-13371_640

話題のディズニー映画「アナと雪の女王」をさっそく見に行ってきました。
夏ぐらいにある映画を見に行った時にこの映画の予告を観て、アカデミー賞の主題歌賞を取った「Let It Go」歌声と歌詞に感動して観てみたいと思っていました。
平日なのであまり混んでいなかったのですが、結構私と同じかそれ以上のおじさんがたくさんいて、それだけこのアニメ映画に魅力があるのかなと思いました。

この歌は主人公のエルサが、「誰になんと言われようとも、ありのままの自分で自由に生きる」と決意した時に歌っています。

もう周りから良い子とみられるように我慢して生きてゆくのをやめ、本来の自分を思いっきり出して生きてゆく。
これの決断には、今の自分を重ね合わせ、感動をした人も多かったのではないでしょうか。

しかし、
ありのままの自分で生きていくには、愛が欠かせない。
愛がなければ単なるわがままになってしまう。
そんなことを気づかせてもらいました。

もちろん、これ以外にもたくさんの気づきをもらい、私にとっては期待以上の映画でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

最近の投稿

私の好きな本たち