IT技術者からプロジェクトマネージャーの成り上がりで管理職を務めていたパーソナル・コーチが、悩みを持つ人々をプロジェクトマネジメント、コーチング視点から応援するサイト

menu

マネジメントで幸せを呼び込むパワースポットになろう

メンバーを育成させるために「責任を与える」と言われます。
私には、この言い方にちょっとした違和感があるのです。
どうもこの「与える」という言葉に、「一方的に」が感じられてしまうのです。

確かにメンバーに責任を与えることで成長することも多いでしょう。
しかし、突然与えられた責任に戸惑いをもつメンバーもいるのではないでしょうか。

私が以前、責任者的立場でいた組織は、いわゆるソフトウェアハウスと呼ばれる組織です。
お客様から請負で仕事をすることもありますが、多くは技術者をお客様に提供し、直接お客様からの作業依頼、指示に従って仕事をする形態でした。
この状態だと責任を与えると言っても、自分の仕事の範疇でしか考えられません。
かといって、会社の都合で
「あなたの責任は、その顧客で自社の社員を増やすことだ」
と責任を与えたところで増えることはほとんどありませんでした。
それどころか、自分の組織の外を向いて仕事をしている感じがしていたし、自分の与えられた仕事以上のことはしない雰囲気満載でした。

そこで私は「責任を与える」に以前から違和感があったので
「責任を感じてもらう」
ことにしました。

具体的には
「この役割をあなたに任せたら、どんなことが起きるか?」
を対話していました。

あくまでも「対話」です。一方的な「言い聞かせ」や「読み聞かせ」ではありません。
時にはこちらの経験談を話して、感じ取ったものを出してもらいながら、責任を持つことの素晴らしさを想像して責任を感じてもらうようにしました。
それを言葉にしてもらい、こちらからは否定もしないし、補正もしないようにしました。

成果は、組織のメンバーの目の色に現れました。
真剣に仕事に向き合うようになって、少しでも自分の幅を広げようと努力するし、それをアピールしようとするし、以前よりも活き活きと仕事しているように感じられました。
それが将来的な個人の成長、組織の成長につながるのは、言うまでもありません。

新しい役職などを与える時、役職としてやるべきことや心構え、会社から期待される働きなどの研修を行うことも多いでしょう。
それはそれで必要なことだとは思います。
しかしそれ以上に、新たに与えられた役職で自分の思う通りに活躍した時に、どんな素晴らしいことが自分の周りに起こるのかを明確に描いてもらったほうが、責任を持った行動が期待できるような気がします。

なによりも、活き活きした役職者がいるだけで現場が幸せになりますよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

最近の投稿

私の好きな本たち