IT技術者からプロジェクトマネージャーの成り上がりで管理職を務めていたパーソナル・コーチが、悩みを持つ人々をプロジェクトマネジメント、コーチング視点から応援するサイト

menu

マネジメントで幸せを呼び込むパワースポットになろう

私の趣味の一つにマラソンがあります。(4年ぐらいやってますが、亀以下の走りです・・・)
私と付き合いのあるPMPホルダーは、意外とマラソンとかトライアスロンやっている人が多いんです。
特に40代以降の人が多いかな。走ること以外で水泳とかテニスとか定期的に運動している人も多いです。

この理由を考えてみると
・走ったり、運動したりしていると仕事のことが忘れられ、ストレス解消になる。
・体の調子が良くなり、疲れにくくなる。いつも元気でいられる。
・やっていると仲間が増え、自分の職業以外のいろいろな情報が聞ける。
などなど、いろいろあると思います。

もう一つ、プロマネならではの視点もある気がします。

まず出場する大会での自分の目標を立てます。
そしてある程度計画を立て、目標に向かってトレーニングしていって、レースを迎える。
特に初めのころのハーフマラソンとかフルマラソンになると、何カ月も前から計画を立てないと思うように完走できません。

トレーニングも無理をしてケガをしたり、突然の仕事が入ったりして、予定通りに進まないことも多いです。
そこはトレーニングの日程や内容を変えたりしながら、なんとか大会当日までに間に合わせる努力をします。どうしても大会当日に間に合わない場合は棄権します。

大会に出場して走り終わったら、大会の結果を振り返り、次への改善点と計画を立てます。

つまり、プロジェクト立ち上げ(目標)、計画、実行、コントロール、終結、・・・
プロジェクトマネジメントとまったく一緒のことをやっている。
もっともマラソンだけではなくて、自己管理(自己マネジメント)する時には、行っていることなんですけどね。

プロジェクト・マネジャーのみならず、このサイクルを回せる人は、活き活きと生活しているように思えます。
立ち上げだけやって、その後のところが続かなかったり、終結で内省ができなかったりすると、成長はできないですものね。

2月2日に時間制限のない京都木津川マラソンに出場してきました。1年前にも初フルマラソンとして出場した大会でもあります。(50歳記念でした)
前年の記録とほぼ同じ記録でした。
昨年の夏場から秋にかけて仕事の関係上、思うような練習ができず、さらに12月初めに夜間トレーニングで工事中の側溝に落ちて捻挫するアクシデントがあったにも関わらず、完走できたことに満足しています。
この満足感がいいですね。記録はさておき。
昨年は悔しい思いしかなく満足感はあまりなかったのですが、少しは成長している自分がいました。

しばらくこの趣味は続けることになりそうです(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

最近の投稿

私の好きな本たち